• ホーム
  • 感染症に処方される薬の種類

感染症に処方される薬の種類

困っている男性

感染症に処方される薬は特定の細菌に対して最も有効なものが選択されるので、様々な種類の抗菌剤の作用を吟味して決められています。
感染症に対して抗菌薬を投与する場合には最適な期間に投与して少ない副作用で感染症を治療するということなので、風邪のように軽い症状の場合にはほとんど処方されません。
体が弱っている高齢者や小児に関しては風邪やインフルエンザによって免疫力が低下しているときに感染が起きないように抗菌薬が処方されることがありますが、薬剤耐性菌を作り出す原因になってしまうので必要最低限の期間の投与しか許されていません。
また抗生物質の選択を間違えてしまうと耐性菌だけが生き残って増殖を繰り返してしまうので感染症を重症化させる可能性があるので自分の判断で薬を服用することはリスクが非常に高くなります。

細菌によって使用される薬の種類は限定されているので治療にかかる期間や副作用についての情報が数多く蓄積されているので安心して服用することができます。
日本では抗生物質の投与が非常に多くなっているので膀胱炎や風邪などのように自然治癒できる病気に対して抗生剤を投与することを控える動きが出ています。
世界的に見ると風邪や発熱については水分と栄養、睡眠によって改善するのが一般的なので安易に抗生剤を投与することはありません。

日本において増加している性感染症などの治療に使われる薬は同時に2種類処方されることがありますが、これらは一度服用すると一週間以上効き目が継続するので副作用の心配が少なくなり、さらに飲み忘れなどのリスクが低下します。
性感染症の薬といえば、クラミジアの治療薬であるジスロマック、ヘルペスの治療薬であるバルトレックスが有名どころでしょう。
これらの性病治療薬、実は通販で買えるのをご存知でしょうか。
ジスロマックやバルトレックスを通販でまとめ買いでお得に買うこともできるのです。
性産業で働く方や、性交渉を頻繁に行う方は覚えておくといいでしょう。
またピロリ菌の除去に使用される抗生剤も服用方法が複雑なので感染症が疑われる場合には必ず医療機関を受診しなければなりません。