• ホーム
  • 感染症の感染確率を決めるのは何?

感染症の感染確率を決めるのは何?

黒いウィルス

感染症の感染確率を決めるのは免疫力の強さや性別の違いで、例えば性感染症の場合は女性のほうが感染確率が高くなります。
これは性器の構造が女性の場合は子宮から内臓まで体の中でつながっていることに対して、男性の場合はペニスが外側についていて、さらに尿道が長いので、尿によって細菌が排出される確率が高いことがあります。

感染症は細菌とウイルスの二種類がありますが、どちらの場合も体外に排出することで回復が早まるので、免疫力が強く体力がある人のほうが感染症にかかりにくくなります。
しかし人間はストレスが原因で免疫力が落ちる場合があるので体が健康であっても精神的に疲れていると感染症などにかかりやすくなります。
これは免疫機能の働きに要因があるとされていて、ストレスを感じると体内で活性酸素が多く作られるので小さな炎症が数多く起きて、免疫力が落ちるとされています。

また高齢者や小児の場合には免疫機能の働きがかなり低下しているので感染力が強いインフルエンザなどにかかると命の危険があります。
インフルエンザによる感染症は抗ウイルス薬を投与することで治癒することができますが、高熱が出るので他の細菌に感染するリスクも高くなります。
高齢者の場合はインフルエンザによる高熱と細菌による肺炎を併発することで死に至るケースが非常に多くなっています。
小児の場合にはインフルエンザウイルスによる脳症が起きる可能性が高いので、ワクチン接種などによる対策をしておかなければなりません。

感染症を防ぐ方法としては手洗いをして家の中に細菌を持ち込まないことが重要ですが、性感染症の場合には粘膜の接触が原因なのでコンドームを装着することが必要になります。