• ホーム
  • 新型感染症からワクチン開発までの期間と費用

新型感染症からワクチン開発までの期間と費用

ウィルス

新型感染症からワクチン開発までの期間や費用に関しては拡大の深刻さによって異なりますが、新型インフルエンザの場合には製造開始が始まると約半年程度でワクチンが生産できるようになります。
新型の感染症が世界的な感染を引き起こしてしまった場合には製造期間を短縮することが必要になりますが、安全性などを考慮するとほとんどの場合は半年以上の期間が必要になります。
パンデミックは爆発的なウイルス感染の拡大が起きるのですが、世界がグローバル化されているので、拡大が考えられない早さで進む可能性が高いので、抗ウイルス薬の備蓄などを国が主導をして行っています。
ワクチン接種も感染症には有効なのですが、新型インフルエンザに対するワクチンは開発されていないので感染が確認されないと製造することが難しいとされています。
パンデミックを引き起こすとされるウイルスを予想して予めワクチンを開発して製造できる体制が整えられつつありますが、ワクチンの接種対象者の優先順位や途上国などへのワクチンの供与などに関しては国際問題として検討されています。

抗インフルエンザ薬は新型のインフルエンザに対しても効果があると考えられていますが、実際に流行しないと確認することができないので感染症にかからないように免疫力を高めたり、手洗いを十分にして家庭の中にウイルスを持ち込まない努力が必要となります。
現在では国民の25%が感染したと仮定して薬の備蓄が行われていますが、感染者の40%程度まで対応するのが目標となっているので、すべての国民に新型インフルエンザの治療ができる体制は整っていません。
またアメリカやヨーロッパの製薬メーカーでは新しいタイプの抗インフルエンザ薬が開発されています。