• ホーム
  • 男性にかかる性感染症カンジダの原因と症状

男性にかかる性感染症カンジダの原因と症状

カンジダは異性から感染することのある性感染症ですが、もともと人の体内にある菌でもあるため、その他の性感染症とは少し性質の異なる病気です。
特に女性に発症しやすいですが、男性にもうつる可能性のある病気で、原因はカンジダ属の真菌(カビ)によって起こります。
性行為による感染がある一方で、人が体内に持っていることから、体調不良や疲労といった免疫力が低下する時に発症します。
またその他の病気の治療で抗生物質などを使っていると、体内の悪い菌以外にも良い菌まで退治してしまい、真菌が暴れやすい状態になります。

発症するとカンジダの症状が現れ、いままで抑えていた真菌が増殖して感染の確率が上がるため、性行為は避ける必要があります。
発症箇所は主に性器で、亀頭のかゆみやただれ、炎症や白いカスが出たり痛みを伴い、亀頭に小さな水疱や酷いときには尿道炎を起こすこともあります。
またオーラルセックスの影響から、口腔内にも発症することがあり、口の中の頬や舌、咽頭にも白いカビが発生し炎症を起こします。

男性は女性と違い症状が現れにくいとされ、気づかないうちにかゆみやただれを起こしていることが多いため、症状に気づいたときはすぐに病院で治療を受けるようにします。
男性の場合は泌尿器科で検査と治療を受けることができますが、検査キットを使って性感染症を匿名で検査できる方法もあります。
治療には抗真菌薬が必要となるので、抗生物質を飲んでも効果はなく、逆に症状が酷くなることもあるので、誤った知識で薬を飲まないようにしましょう。
真菌は湿気を好む性質上、特に包茎の人がかかりやすいとされ、通気性の良くない部分で起こることから、治療後も再発を繰り返す可能性があります。
カビである真菌を抑えるためにも、常に性器は清潔に保ち、免疫力を低下させないよう正しい生活を送るようにします。