• ホーム
  • 男性に多い感染症の種類と強迫性障害

男性に多い感染症の種類と強迫性障害

男性に多い感染症の種類としては性感染症があるのですが、中でもクラミジアは粘膜が直接触れることで感染するので多くの若い男性が感染しています。
女性の場合は子宮の内部にクラミジア菌が侵入して感染症を起こしてしまいますが、男性の場合には尿道から尿として排出されることが多いので軽い症状のまま自然に治癒してしまうことが多いとされています。
自然治癒することは男性にとってはメリットになりますが、感染したまま不特定多数の女性とセックスをすると際限なく感染者を増やすことになるので、多くの女性とセックスをしている場合には定期的に検査を受ける必要があります。
重い感染症としてはエイズがありますが、最近では症状が出ないようにする薬があるので死亡するリスクが下がっているのですが、日本では感染者が増えているので注意が必要な感染症です。
また男性同士のセックスによって感染するケースが多いとされていて、原因としては直腸内の出血や粘膜の炎症などがあるとされています。

強迫性障害は一般的な病気で普通の人でも知らない間にこの病気にかかっている可能性があります。
症状としては手を洗うなどの単純な行動を何度も繰り返してしまうものや、物事の確認を何度もしなければ外出することができないことなどがあり、これによって正常な社会生活が送れないこともあります。
強迫性障害としてよく知られている症状としては過度な潔癖症で、石鹸で何度手を洗っても細菌が付着していると思い込んで何時間も手を洗い続けてしまうものがあります。
強迫性障害にみられる症状としては不潔恐怖や加害恐怖、確認行為があり、これらの行為が多すぎて生活に支障をきたしている場合には医療機関で治療が必要になります。